2006年07月13日

プロバイオティクス とプロバイオティックス

プロバイオティクスとプロバイオティックスの2つの表示があります。

ティクかティックの違いです。

グーグルで、ウェブでプロバイオティクスの検索結果は約137,000件、プロバイオティックスの検索結果は約 930件。

検索結果の件数からして、プロバイオティクスが定着しているようです。

ロハスとローハスの違いのようなものですが、日本ロハス協会では、これまでプロバイオティックスを使用して経緯から、今後の推移を見守りながらも、しばらくプロバイオティックスを使用していきます。

状況が変われば、また変更するかもしれませんが・・

なお、ヤクルトの広告宣伝によれば、プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、生物間の共生関係(probiosis)を意味する生態学的用語を起源としています。

プロバイオティクスとは、「腸内フローラのバランスを改善することにより、宿主(人など)に有益な作用をもたらす生きた微生物」と定義されます。

★乳酸菌オリゴ糖プロバイオティクスはこちら。
posted by lohas at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プロバイオティックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

ロハスをみんなに返そう

「遅すぎた自由化」「商標登録裏目に企業敬遠」

2006年6月14日、朝日新聞朝刊の経済欄で、ロハスが大きく取り上げられていた。

ロハスは90年代にアメリカで生まれたマーケティング用語であるにもかかわらず、本家アメリカでは専門家以外にあまり知られていないという。

ロハスが商標登録されていることは、噂では聞いていたが、きちんとした形でブロガーが知ったのは、06年6月6日号の週刊エコノミストだった。
http://enjo.exblog.jp/3704697/

俳優のレオナルド・ディカプリオさんや音楽家の坂本龍一さんも実践者として有名。

せっかく日本でも広がり始めたロハスが、我欲から商標登録で自分だけのものにしようという魂胆が世間からさめた視線を浴びたことで、色あせて見られ始めてきたなら、残念なこと。

地道にロハスを普及しようとしている人たちは全国にいる。

ロハスをみんなに返して、誰もがロハスを使えるようにしたほうがいい。

環境にいいこと、健康にいいこと、地球のため、自分のため、自分たちの子供たちのために、ロハスが日本に定着することを願っている。

★自然を楽しく美しくロハス楽エン(オンラインショップ楽エン本舗)
★太陽油脂の石けんシャンプーは、お体と環境に良い商品です。
posted by lohas at 18:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

ロハス日記ロハスエッセイ

自然への親和的一体感(エンヨーB級ジャーナル)
「日本人は自然、とくに四季の変化などに対して、極めて繊細鋭敏な感受性を持っている」
「日本人は自然に対して親和的一体感を持っている」

日本人が持つ伝統的な自然観の特徴を、愛知大学の黒柳孝夫教授はこう語ります。

確かに確かに、和食グルメをとりながら外の庭園を眺めると、その庭園が四季によって変化し、目を下に落とすと、皿や茶碗まで一体的に変化しています。
さらに食材まで四季の変化に細やかに合わせています。

日本人は何千年にもわたり、自然との一体感から伝統文化や美的感性を磨いていました。
それはグルメだけではありません。芸術、花、茶・・

ところが戦後日本の高度成長期のわずか数十年、日本人本来が持つ、この感性を失いかけてきました。
日本人は全体的にいかに自然と調和して生きていくか、自然を支配することはありません。

昔に戻ろう、田舎に戻ろう、スローライフとか、ロハスの生き方とか、日本人に日本のふるさと自然への回帰が始まろうとしています。

「日本をロハスに変える30の方法」を読んで(ボランティアNPO)
ロハス日記(ボランティアNPO)
環境は地球生命体の健康を蝕む(エンヨー健康エコ生活・お掃除革命<ロハス楽エン>)
★自然を楽しく美しくロハス楽エン。
posted by lohas at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

陰陽五行・関連ブログ

陰陽五行・関連ブログは次の通りです。

エンヨー健康エコ生活・お掃除革命(ロハス楽エン)

マクロビオティック
古来中国皇帝の献上米・黒米
中国では明の時代、李時珍の「本草綱目」に黒米は滋養強壮に優れ造血作用があると記されているようです。
古代中国から伝わる考え方に薬食同源という言葉がありますが、薬膳はこの考え方を源流に、体によい食材を日常的に食べて、健康を保つことが大切だとしています。
この薬膳料理にも黒米は古くから使われていることから薬米の別名もあります。
また、不老長寿の米として古来中国皇帝の献上米として、中国歴代の皇帝に献上されたことから貢珍米として喜ばれていたようです。
薬食同源
予防医学と陰陽五行

アーユルヴェーダと陰陽五行・アトピーお掃除革命ENJO(エンヨー)ロハス楽エン
posted by lohas at 17:16| Comment(1) | TrackBack(2) | 陰陽五行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

名古屋市本山でパーティー

ロハスパーティーは、名古屋市千種区・本山にある「ロハス楽エン本山店」(サリロハス本社内)で行います。


〒464-0819 愛知県名古屋市千種区四谷通1-13 ノア四ツ谷2F南
株式会社サリロハス(ロハス事業部)

お問合せは、こちらまでメール下さい。

メールはこちら

電話での問い合わせは連絡がつきにくくなっています。
052−442−5972
ロハス楽エン本山店が2006年5月オープン!

2006年04月27日

フィトンチッド関連ブログ

フィトンチッド関連ブログ

★フィトンチッドとは(ロハス健康応援団・LOHAS)
フィトンチッド(fitontsid)とはロシア語で、意味は「樹木から放散されて周囲の微生物などを殺すはたらきをもつ物質」を指します。

フィトンチッドのうち、「フィトン」とは植物、「チッド」は殺すという意味です。

「森林の香り」 或いは 「森林の不思議」と説明する人もいますが、その本質は樹木の香気成分であるテルペン類だろうと思われます。

すなわちテルペン類は森林浴の効用の源となっているもの。

そしてこれらは自然界に生きる人間が、古くから生活の知恵として様々な場面で利用されてきました。

★ブログ・フィトンチッド(ロハス健康応援団・LOHAS)
★みどりの日に思うフィトンチッド(新聞批評)

★フィトンチッド(楽エン本舗オンラインショッピング)
posted by lohas at 23:58| Comment(0) | TrackBack(2) | フィトンチッド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

バイオパイラシー関連ブログ

カム・カムがバイオパイラシー?
バイオパイラシーとは、貴重な生物多様性を破壊する行為、すなわち生物資源を巡る盗賊行為のことをいう。

報道されない「カム・カムがバイオパイラシー?」(ブログ新聞批評)
WTOドーハ開発アジェンダ交渉「 TRIPS理事会」が3月14日から17日にかけて行われた。
その席で、ペルーがアマゾン(ペルー)原産の植物「カム・カム」を利用した発明に係る特許出願、そのほとんどが日本への出願というが、これに関し、潜在的なバイオパイラシーの事例であるとして疑問を投げかけ、日本は反論した。
カムカムは愛知万博・愛・地球博のアンデス共同館で紹介され、近頃大ブレークした健康飲料。国際交流に関心の高い人にもよく知られている。

★カムカム(楽エン本舗オンラインショッピング)
カムカムは地球上で最もビタミンCが多いとされる植物で、レモンの約60倍、アセロラの2倍のビタミンCを含むとされ、ジュースやサプリメント等に用いられている。
posted by lohas at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | バイオパイラシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

会則と附則の訂正

ロハスクラブ・ロハスの会会則 2006年2月14日制定

第1章 総則
(名称)
第1条
本会は、ロハスクラブ・ロハスの会と称する。
(事務所)
第2条
本会は、事務所を〒464-0819名古屋市千種区四谷通1−13ノア四ツ谷2F南に置く。
(目的)
第3条
本会は、ロハスの領域において啓蒙と指導的役割を果たし、もって我が国及び世界のロハスの発展に寄与することを目的とする。
(事業)
第4条
本会は、前条の目的を達成するため、ロハス楽エンと連携を図りながら次の事業を行う。
(1) 現代社会が直面する健康と環境に関する基本的諸問題と、その解決に資する方策の調査研究に関する事業
(2) ロハスに関する情報交換・啓蒙活動に関する事業
(3) その他本会の目的を達成するために必要な事業
第2章 会員
(会員の種別)
第5条
本会の会員は、正会員及び賛助会員とする。
(1) 正会員は、本会の目的に賛同して入会した個人とする
(2) 賛助会員は、本会の目的に賛同して入会し、本会を援助する個人または団体とする
(入会)
第6条 本会の会員になろうとする者は、会員によって推薦された者が、会員選考委員会の認定を受けなければならない。
(会費)
第7条 会員は、総会において別に定める会費を納入しなければならない。
本会の会計年度は、4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
(会員の資格喪失)
第8条 会員が次の各号の−に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1) 退会したとき
(2) 死亡したとき
(3) 除名されたとき
(退会)
第9条 会員が退会しようとするときは、理由を付して退会届を会長宛に提出しなければならない。
(除名)
第10条 会員が本会の名誉を傷つけ、または本会の目的に違反する行為をしたときは、総会の議決を経て、会長が除名することができる。
第3章 役員
(役員)
第11条 本会に次の役員をおく。
(1) 理事 20名以内
(2) 監事 2名
2 理事のうち、会長1名、副会長3名以内を理事の互選により選任する。
3 監事は、正会員の中から理事の推薦により選任する。
第4章 会議
(種別及び開催)
第12条 本会の会議は、総会、理事会、幹事会及び各種委員会とする。
2 総会は、毎年1回開催する。ただし、会長が必要と認めたときは臨時総会を開催することができる。
3 理事会及び幹事会は、会長の必要と認めたときに開催する。
4 各種委員会は、当該委員長が必要と認めたとき開催する。
(構成)
第13条 会議の種別の構成は、次のとおりとする。
(1) 総会は、正会員をもって構成する
(2) 理事会は、理事をもって構成する
(3) 幹事会は、ロハスクラブ・ロハスの会の会長、各委員会の長及び会長が必要と認めた理事をもって構成する幹事会の長は、ロハスクラブ・ロハスの会の会長とする
(4) 委員会は、委員をもって構成する委員会の長は委員の互選により選任する
第5章 会則の変更
(会則の変更)
第14条 この会則は、総会において正会員の過半数の同意を得なければ変更できない。
附 則
1 この会則は、本会の設立総会の日から実施する。
2 本会の事業計画及び予算は、総会の定めるところによる。
3 本会の設立初年度の会計年度は、設立の日から2006年3月31日までとする。
4 会費に関する総会決定事項
  正会員個人の会費は年額0万円とし、正会員法人及び賛助会員の会費は年額2千円とする。
  なお、会費は毎年度当初に支払うものとする。
5 入会金は1千500円とする。
6 第12条第1項に定める各種委員会は、総務企画委員会、学術情報委員会、会員選
考委員会及び財務委員会とする。
7 本会の2005年度の会計年度は、2006年2月14日から2006年3月31日までとする。
posted by lohas at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 「ロハスの会」会則 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。