2007年10月05日

五味五色五法ー食は健康の源です。

和食 の定義に五味五色五法というものがある。

「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。

「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。黒には濃い紫を含む。

「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指す。生は生の食感を活かす。

日本食とはこれくらいデリケートな料理。

素材の持ち味を生かしながら、味、香り、色を大事にし、春夏秋冬の季節感をも重視し、材料の旬にも気を配る。

さらに、料理を盛り付ける器も、料理によって或いは季節によって、色、形、材質について配慮する。

色については、青の食材はないはず。緑のことだろう。

地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物は緑色であり、唯一の色だった。

この緑の食べ物は、主に体の調子を整えるとされる。

また、人類が最初に意識した色である赤い食べ物は、主に体の血や肉を作るといわれる。

黄色い食べ物はエネルギーになるとされる。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、抗酸化力という色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っている。

鳥だけでなく、赤色は、昆虫、動物、人間などにも食べてもいいというサインを送っているのだった。

こうして果実の色は、種の保存を図っている。

赤い果実がなぜ赤いのか、その理由は種の保存。

植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のためだった。

それを人間が食材として食べ、すべての生物に生きることに貢献している。

いただきます。ご馳走様。

すべの生物は、自然の恵みに感謝です。

五味五色五法は中国 の陰陽五行や薬食同源の考え方を源流に、日本に伝わり、独自にアレンジされたもの。

食は健康の源。五味五色五法は食のバランスをよく考えている。
posted by lohas at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

スローフード関連ブログ

★スローフードとは(全国グルメ紀行)
スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるものですが、古き良き食文化を現代に甦らせるものです。

★ファーストフードに対抗するスローフード(全国グルメ紀行)
ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサンスでもあるわけですね。
全てがスピードや企業利益を優先させてきた「ファーストライフ」の結果をもたらした食の均一化が今の日本の食文化にも見られます。

★地産地消とスローフード(全国グルメ紀行)
「地産地消」は、消費者の食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取組みとして期待されていますが、もともと北海道の農業関係者が「地域生産、地域消費」のことを略して用いて、それが全国に広がったと言われています。
。「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で、特に農林水産業の分野で使われています。

★スローフード(全国グルメ紀行)
★スローフード(ボランティアNPO)

★カクトウ醸造の豆みそ(中部ローカルネット情報)
愛知県知多郡武豊町里中133にカクトウ醸造「永田籐左エ門」があります。

海に面した港町、武豊町は、古くから原料の穀物や、みそ、しょうゆを運搬するのに海路を利用していました。

この地方で多くの醸造の蔵元が栄えたのも、矢作川などの大きな川のおかげで、豊富で質の良い伏流水が使えたことが理由に挙げられます。

★カクトウ豆みそ(楽エン本舗オンラインショッピング)

★「トレーサビリティ(追跡可能性)」(ヤコブ病隠す米政府は報道統制か)
日本では食の安全性を求める声が強く、原料生産の場から食卓までのトレーサビリティ(追跡可能性)が欠かせない。
posted by lohas at 15:52| Comment(0) | TrackBack(3) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。