2006年08月25日

便利の生活の代償が環境問題

便利の生活の代償が環境問題
大量生産、大量消費による使い捨て文化は、ゴミを増やし、焼却施設を設けて、地球温暖化。
不法投棄、土壌汚染もあとを絶ちません。
便利が当たり前になった現代の生活の代償が、環境問題だといえます。
その便利さとは、さして寒くもないのに暖房、暑くもないのに冷房と、資源の浪費ともいえます。

★エンヨー健康エコ生活・お掃除革命(ロハス楽エン)
魚付林の植樹
明治政府は1897年に森林法を制定し、保安林の一つとして、「魚付保安林」を保護する方針を打ち出したといいます。
人間と自然は不離一体
古くは道元(1200-1253)。若くして宋に渡り、曹洞禅を学び、近頃ハーブの香りで心と体を癒すアロマテラピーなどでしきりに使われる「心身一如」は道元の言葉です。
公害って何?
公害とは事業や人の活動によって生じる自然及び生活環境の破壊が地域住民や公共一般にもたらす被害をいう。
地球温暖化って何?
地球温暖化とは二酸化炭素などの温室効果をもたらすガスの蓄積が主因となって、気候が急速に温暖化することをいう。
考えてみませんか私たちの地球
湖でカキやホタテがたくさん取れた北海道釧路市の東北に位置するある町で、水質が悪くなり、それらが育たなくなりました。

芸能エンタメ・梅肉エキス・お掃除革命エンヨー

環境(メディア政治批評)
ポジティブリスト制が導入(メディア政治批評)
農業協力で食の安全性を
制度の骨抜きか
農産物の対日輸出18%減
ポジティブリスト制

ロハス環境・ロハス
ロハス環境・環境
京都議定書(Kyoto Protocol)
地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、HFCs、PFCs、六フッ化硫黄について、先進国における削減率を1990年基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標を達成することを義務づけました。
農業
環境・ロハス(経済批評)
posted by lohas at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・ニーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。