2006年07月13日

プロバイオティクス とプロバイオティックス

プロバイオティクスとプロバイオティックスの2つの表示があります。

ティクかティックの違いです。

グーグルで、ウェブでプロバイオティクスの検索結果は約137,000件、プロバイオティックスの検索結果は約 930件。

検索結果の件数からして、プロバイオティクスが定着しているようです。

ロハスとローハスの違いのようなものですが、日本ロハス協会では、これまでプロバイオティックスを使用して経緯から、今後の推移を見守りながらも、しばらくプロバイオティックスを使用していきます。

状況が変われば、また変更するかもしれませんが・・

なお、ヤクルトの広告宣伝によれば、プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、生物間の共生関係(probiosis)を意味する生態学的用語を起源としています。

プロバイオティクスとは、「腸内フローラのバランスを改善することにより、宿主(人など)に有益な作用をもたらす生きた微生物」と定義されます。

★乳酸菌オリゴ糖プロバイオティクスはこちら。
posted by lohas at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | プロバイオティックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20728025

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。