2006年03月24日

スローフード関連ブログ

★スローフードとは(全国グルメ紀行)
スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるものですが、古き良き食文化を現代に甦らせるものです。

★ファーストフードに対抗するスローフード(全国グルメ紀行)
ファーストフードの対極がスローフード、食のルネッサンスでもあるわけですね。
全てがスピードや企業利益を優先させてきた「ファーストライフ」の結果をもたらした食の均一化が今の日本の食文化にも見られます。

★地産地消とスローフード(全国グルメ紀行)
「地産地消」は、消費者の食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取組みとして期待されていますが、もともと北海道の農業関係者が「地域生産、地域消費」のことを略して用いて、それが全国に広がったと言われています。
。「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で、特に農林水産業の分野で使われています。

★スローフード(全国グルメ紀行)
★スローフード(ボランティアNPO)

★カクトウ醸造の豆みそ(中部ローカルネット情報)
愛知県知多郡武豊町里中133にカクトウ醸造「永田籐左エ門」があります。

海に面した港町、武豊町は、古くから原料の穀物や、みそ、しょうゆを運搬するのに海路を利用していました。

この地方で多くの醸造の蔵元が栄えたのも、矢作川などの大きな川のおかげで、豊富で質の良い伏流水が使えたことが理由に挙げられます。

★カクトウ豆みそ(楽エン本舗オンラインショッピング)

★「トレーサビリティ(追跡可能性)」(ヤコブ病隠す米政府は報道統制か)
日本では食の安全性を求める声が強く、原料生産の場から食卓までのトレーサビリティ(追跡可能性)が欠かせない。
posted by lohas at 15:52| Comment(0) | TrackBack(3) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15388097

この記事へのトラックバック

地産地消とスローフード
Excerpt: スローフードとともに近頃しきりに耳にするのが地産地消という言葉。意味は分かりますね。「地元で生産されたものを地元で消費する」という意味で、特に農林水産業の分野で使われています。
Weblog: 全国グルメ紀行
Tracked: 2006-03-25 12:03

スローフードのはじまり
Excerpt: スローフードとは、ハンバーガーショップなどに代表されるファストフード(fast food)に対抗する言葉です。 忙しい現代人にはファーストフードというテレビCMがありました。 朝、食事を取..
Weblog: enjo桜井食品応援団
Tracked: 2006-07-03 16:46

スローフード運動
Excerpt: イタリア北部ピエモンテ州にブラという町がありますが、スローフード運動は、1986年、トリノに近いその町から始まりました。 スローフードの「スロー」とは、だらだらとゆっくり時間をかけて食事をしよう..
Weblog: まるも創健社ボランティアNPO
Tracked: 2006-08-24 18:20
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。