2009年08月31日

健康と環境のロハスについて

ロハス(LOHAS)とは、Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康と環境、持続可能な社会生活を重視する生活スタイルのことです。

アメリカの社会学者ポール・レイ氏と、心理学者のシェリー・アンダーソン氏が、15年にもわたる調査により、カルチュアル・クリエイティブズ(en:Cultural Creatives)と呼ばれる環境や健康への意識が高い人々の存在を確認。

両氏がロハスの提唱者として、日本では紹介されていますが、アメリカでは、LOHASは売れるためにどうするかといったマーケティング論の用語として使われているようです。

またロハスが商標とされていたことで、批判が相次ぎ、ロハスの使用につき、混乱がありましたが、2006年6月、商標登録は事実上の自由化となったようです。

バイオパイラシー
バイオパイラシーとは、貴重な生物多様性を破壊する行為、すなわち生物資源を巡る盗賊行為のことをいいます。

フィトンチッド
フィトンチッド(fitontsid)とはロシア語で、意味は「樹木から放散されて周囲の微生物などを殺すはたらきをもつ物質」を指します。

プロバイオティクス
プロバイオティクス(probiotics)は抗生物質(antibiotics)に対比される言葉で、生物間の共生関係(probiosis)を意味する生態学的用語を起源としていますが、その定義は、「腸内フローラのバランスを改善することにより、宿主(人など)に有益な作用をもたらす生きた微生物」とされています。

アーユルヴェーダー
アーユルヴェーダーは世界最古体系的な健康法で、3000〜5000年前からインドに伝承される伝統医学体系です。
ニーム
アフリカでバッタかイナゴが大襲来したとき、農作物が大きな被害にあいました。ところが、ニームの木だけは青々と茂っていたようです。ある昆虫学者によると、インドでは「村の薬局」と呼ばれ、医者のいない地域では万能薬として重宝されているニームには、害虫防除力があり、安全な自然農薬として、環境革命を予言しました。

陰陽五行この世は陰と陽の気から生まれて、陰は地、陽は天となり、万物はそのバランスの上に成り立って、そして地上の森羅万象、すなわち宇宙に存在する、すべてのものは「木火土金水」の5つの要素の循環によって生じる、と考えたのが陰陽五行の思想です。
医食同源と薬食同源
医と食は同じ。だからお医者さんに頼らず、食事を大切にしようということです。
五味五色五法
和食の定義です。「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指します。

フードファディズム
今よりさらに「健康」になりたいと、半ば強迫観念にとらわれて、各種の健康関連商品・ サービスに走る近年の現象を健康ブームと呼ぶが、その中でも特に食品に対する偏執的に 近い健康志向をフードファディズム (food faddism)と呼びます。

スローフード
スローフードは「食」を通して新しい時代の価値を考えるものですが、古き良き食文化を現代に甦らせるものです。

地産地消
「地産地消」は、消費者の食に対する安全・安心志向の高まりを背景に、消費者と生産者の相互理解を深める取組みとして期待されていますが、もともと北海道の農業関係者が「地域生産、地域消費」のことを略して用いて、それが全国に広がったと言われています。

オーガニック
オーガニックは、直訳すると「有機」で、「無機(inorganic)」と対比して使われる自然科学用語です。 生物に関連しているというくらいの軽い意味のようですが、通常は、農薬や化学肥料を使わない農業を指します。換言すれば、化学肥料や農薬に頼らずに堆肥や生物などを利用して栽培する、健康で安全な農作物の栽培方法のことです。

マクロビアン
マクロビアンとは、マクロビオティックを実践している人。穀物や野菜中心の穀物菜食の人たちですが、このマクロビオティックは、広い意味では、穀物菜食や菜食主義的な色彩の強い食事療法にとどまらず、「健康と長寿のための理論・技術」と定義されているようです。

★ロハスの食材と環境用品は楽エン本舗で。
自然を楽しく美しくロハス楽エンです。
posted by lohas at 22:39| Comment(62) | TrackBack(15) | ロハス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

永田斉子リュート・コンサートよろしくです。

リュートって、ご存知ですか?

リュート(英:Lute, 伊:Liuto) は、日本の琵琶に似たギターの先祖のような古楽器。

主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられ、ロハス的音楽の一面を合わせもちます。

このたび、リュート奏者の永田斉子さんが、「心凪ぐ時」(こころなぐとき)をテーマに、リュート・ソロ・リラクセーション・コンサートの全国ツアーを行います。

日本ロハス協会も、後援者に名を連ね、永田斉子さんを応援し、このツアーがぜひとも成功するように声援しています。

スケジュールは以下の通りですので、お近くの方で、ご興味のお持ちの方は、ぜひとも「応援よろしく」です。
http://blog.so-net.ne.jp/seiko24/archive/c153644
posted by lohas at 08:59| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

五味五色五法ー食は健康の源です。

和食 の定義に五味五色五法というものがある。

「五味」とは、甘、酸、辛、苦、それに鹹(かん)、鹹とは塩辛いこと。

「五色」とは、白、黄、赤、青、黒のこと。黒には濃い紫を含む。

「五法」とは生、煮る、焼く、揚げる、蒸すという調理法を指す。生は生の食感を活かす。

日本食とはこれくらいデリケートな料理。

素材の持ち味を生かしながら、味、香り、色を大事にし、春夏秋冬の季節感をも重視し、材料の旬にも気を配る。

さらに、料理を盛り付ける器も、料理によって或いは季節によって、色、形、材質について配慮する。

色については、青の食材はないはず。緑のことだろう。

地球が誕生して、植物が生命を持ったとき、すべての植物は緑色であり、唯一の色だった。

この緑の食べ物は、主に体の調子を整えるとされる。

また、人類が最初に意識した色である赤い食べ物は、主に体の血や肉を作るといわれる。

黄色い食べ物はエネルギーになるとされる。

チャールズ・R・ダーウィンの「種の起源」によれば、その葉緑素は「植物の化学作用である変種や変異で、新しい色が進化した」という。

藻類が海から地上に進出したときに強烈な紫外線から身を守ったのが、抗酸化力という色の防御システムだった。

果実は未成熟の緑色をしているとき光合成を行い、成熟すると、カロテノイドやアントシアニンが生成され、赤、黄、紫に変化する。

この色素の抗酸化力は種を守り、同時に色づくことで、赤い色が識別できる鳥が種子を運ぶことが出来るように、食べてもいいというシグナルを送っている。

鳥だけでなく、赤色は、昆虫、動物、人間などにも食べてもいいというサインを送っているのだった。

こうして果実の色は、種の保存を図っている。

赤い果実がなぜ赤いのか、その理由は種の保存。

植物が種を切らさない、子々孫々の繁栄のためだった。

それを人間が食材として食べ、すべての生物に生きることに貢献している。

いただきます。ご馳走様。

すべの生物は、自然の恵みに感謝です。

五味五色五法は中国 の陰陽五行や薬食同源の考え方を源流に、日本に伝わり、独自にアレンジされたもの。

食は健康の源。五味五色五法は食のバランスをよく考えている。
posted by lohas at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | スローフード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月01日

ミクシィで会員募集

日本ロハス協会は、ただいまミクシィで、会員募集しています。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=767865

2007年06月08日

農薬不使用栽培有機のお茶香り煎茶100g

農薬不使用栽培 有機のお茶 香り煎茶 100g
「農薬不使用栽培有機のお茶香り煎茶100g」は、農薬を使わずに、一番茶のみを使用した香り煎茶です。

詳細を見る

カートに入れる

清流・宮川のほとりにある三重県わたらい茶生産グループ、豊かな自然と深い霧の鹿児島県霧島有機の会、日向灘を望む尾鈴の大地が広がる、宮崎県・大地園、三地域の茶園の一番茶のみを使用。それぞれの茶葉の特長を生かして、ブレンドしました。素朴なおいしさと、香りをお楽しみください。有機JAS認定食品。
posted by lohas at 18:14| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

農薬不使用栽培有機のお茶一番煎茶100g&農薬不使用栽培有機のお茶香り煎茶100g

農薬不使用栽培有機のお茶一番煎茶100g農薬不使用栽培 有機のお茶 一番煎茶 100g
「農薬不使用栽培有機のお茶一番煎茶100g」は、農薬を使わずに、一番茶のみを使用した煎茶です。

詳細を見る

カートに入れる

清流・宮川のほとりにある三重県わたらい茶生産グループ、豊かな自然と深い霧の鹿児島県霧島有機の会、日向灘を望む尾鈴の大地が広がる、宮崎県・大地園、三地域の茶園の一番茶のみを使用。それぞれの茶葉の特長を生かして、ブレンドした贅沢な味わいです。有機JAS認定食品。
続きを読む
posted by lohas at 17:39| Comment(0) | TrackBack(1) | ネット通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

有機JAS認定食品ルイボスティー&お茶 オーガニックルイボスティー 3g×30袋

OSK有機煎茶ティーパック1.5g*20袋
OSK有機 煎茶ティーパック 1.5g*20袋
「OSK有機煎茶ティーパック1.5g*20袋」は、JAS認定を受けた国内産の有機緑茶を、ワンカップ(1.5g)にパックしました。有機緑茶は化学(合成)肥料を使用しない為、渋みと苦味が共にやや強いのが特徴です。有機JAS認定食品。

詳細を見る

カートに入れる


OSK有機ルイボスティー200gOSK有機 ルイボスティー 200g
「OSK有機ルイボスティー200g」は、有機栽培された原料を使用した、ルイボス茶(ルイボスティー)です。タンニンを含んでいる健康茶です。ルイボス茶だけでも美味しく召し上がれますが、緑茶とブレンドする事により緑茶のカテキンと融合し、風味もよくなります。ご家族皆様でご愛飲下さい。有機JAS認定食品。

詳細を見る

カートに入れる


オーガニックルイボスティー 3g×30袋オーガニックルイボスティー  3g×30袋
体にいいものをより安心して利用いたいという方に是非おすすめしたい健康茶です。有機栽培で育てられたルイボスの最上級グレードの茶葉のみを使用しています。安心・安全を追求した有機JASマーク品です。

詳細を見る

カートに入れる
posted by lohas at 17:54| Comment(0) | TrackBack(5) | ネット通販 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

エンヨーで野菜を洗う

kittin02.gif秋が深まっています。

味覚の秋ーーー。

季節のごぼうなどの野菜の皮にはポリフェノールなどの栄養成分が多く含まれています。

ポリフェノールは美白効果があり、化粧品に多用されていますが、動脈硬化の予防作用もあるといわれています。

しかも、これらの栄養成分は、味もおいしいです。

ところが家庭などでは泥や汚れなどを洗うのに手間が掛かる為、つい皮を剥いてしまいがちです。

せっかくの栄養成分が、これでは「もったいない」です。

ところがENJOのキッチンデュオクロスやキッチングローブで野菜を洗えば力を入れずに汚れを落とせます。

せっかくの美女も、美白効果を保つためにも、キッチングローブはぜひ手元に置きたいですね。

キッチングローブはこちら。
posted by lohas at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | エンヨー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

便利の生活の代償が環境問題

便利の生活の代償が環境問題
大量生産、大量消費による使い捨て文化は、ゴミを増やし、焼却施設を設けて、地球温暖化。
不法投棄、土壌汚染もあとを絶ちません。
便利が当たり前になった現代の生活の代償が、環境問題だといえます。
その便利さとは、さして寒くもないのに暖房、暑くもないのに冷房と、資源の浪費ともいえます。

★エンヨー健康エコ生活・お掃除革命(ロハス楽エン)
魚付林の植樹
明治政府は1897年に森林法を制定し、保安林の一つとして、「魚付保安林」を保護する方針を打ち出したといいます。
人間と自然は不離一体
古くは道元(1200-1253)。若くして宋に渡り、曹洞禅を学び、近頃ハーブの香りで心と体を癒すアロマテラピーなどでしきりに使われる「心身一如」は道元の言葉です。
公害って何?
公害とは事業や人の活動によって生じる自然及び生活環境の破壊が地域住民や公共一般にもたらす被害をいう。
地球温暖化って何?
地球温暖化とは二酸化炭素などの温室効果をもたらすガスの蓄積が主因となって、気候が急速に温暖化することをいう。
考えてみませんか私たちの地球
湖でカキやホタテがたくさん取れた北海道釧路市の東北に位置するある町で、水質が悪くなり、それらが育たなくなりました。

芸能エンタメ・梅肉エキス・お掃除革命エンヨー

環境(メディア政治批評)
ポジティブリスト制が導入(メディア政治批評)
農業協力で食の安全性を
制度の骨抜きか
農産物の対日輸出18%減
ポジティブリスト制

ロハス環境・ロハス
ロハス環境・環境
京都議定書(Kyoto Protocol)
地球温暖化の原因となる、温室効果ガスの一種である二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、HFCs、PFCs、六フッ化硫黄について、先進国における削減率を1990年基準として各国別に定め、共同で約束期間内に目標を達成することを義務づけました。
農業
環境・ロハス(経済批評)
posted by lohas at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境・ニーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

講演依頼はこちらです。

講演依頼はこちらです。

講演内容は健康と環境、持続可能な社会生活を重視する生活スタイル、ロハスについて全般です。

健康では、スローフード、地産地消などグルメ、バイオパイラシー、フードファディズムなど食の問題について、考えてみたいと思います。

主な著書「平和の条件―世界連邦の目標と構想」(中日出版)。

ブログ、ホームページは約80もちます。

成功しないインターネットショップについても、講演しています。

直接申し込みの場合は、こちらのメールください。
rakuyenhonpo@yahoo.co.jp


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。